ブランド バッグ コレクション > エルメスTOP > エルメスの歴史


エルメスの歴史

エルメスの年間テーマ
 
栄光の軌跡
 

エルメスの年間テーマ

現社長、ジャンルイ・デュマによってエルメス創立150周年を期に、 毎年エルメス全体を通してのテーマを設定することになりました。
年間テーマ
1987 Feux d'Artifice「花火」
1988 Exotisme「エキゾティズム」
1989 Vivre la France「フランス」フランス革命200周年にちなんで
1990 Air Libre「アウトドア」
1991 Extreme Hermes「遠い国のエルメス」(ル・ジャポン)
1992 La Mer「海」コロンブスの大陸上陸500周年にちなんで
1993 Le Cheval「馬」
1994 Le Soleil「太陽」
1995 La Route「道」
1996 La Musique「音楽」
1997 L'Afrique「アフリカ」
1998 L'Arbre「木」
1999 Dans les etoiles「星」
2000 Premiers pas dans le siecle「新世紀への第一歩」
2001 A la decouverte
de la beaute du monde
「地球」
2002 La Main「手」
2003 La Mediterranee「地中海」
2004 La fantaisie「ファンタジー」
2005 Grand fleuve「大河」
2006 Paris「パリの空気・パリの風」
2007 Entrez Dans La Danse「ダンス」
2008 Fantaisie Indienne「インディアン・ファンタジー」
2009 L'echappee belle 「美しき逃避行」
2010 Conte et Raconte「語り継がれる物語」
2011 La main de l'artisan「現代(いま)に生きるアルチザン」

栄光の軌跡

エルメス社はフランスの馬具工房として創業。しかし、自動車の発展による馬車の衰退をいち早く予見し、 財布などの皮革製品に事業をシフトして成功。今日のブランドの地位を築きました。

1837年 ティエリ・エルメスがパリのバス・デュ・ランバール通りに高級馬具の製造工房を開業。
1878年 1月、初代ティエリ・エルメス死去。享年77歳。
1879年 2代目となったシャルル・エミール・エルメスがフォーブル・サントノーレ24番地に店を移転。現在でもエルメスの本店として存在。
1892年 鞍を入れるためのバッグ「オータクロア」を製作。これがエルメス初のバッグ。 後年(1984年)、このバッグに女優ジェーン・バーキンのリクエストを加え、縦横比を変えて「バーキン」が誕生する。
1900年 後に3代目となるエミール・モーリス・エルメスが、ヨーロッパの王侯貴族達の顧客獲得に加え、 更にロシア皇帝ニコライ2世への馬具と鞄の売込みに成功。馬具商としての確固たる地位を確立。
1902年 父ティエリ・エルメスから事業を受け継いだエミールと1889年から事業参加した兄のアドルフは、商号を「エルメス兄弟社」と改める。
1903年 アメリカでフォードが自動車の大量生産を始めると、エミールは自動車時代の到来を確信。 馬車の衰退を予見し、事業の多角化に乗り出す。馬具以外に札入れ、婦人用財布、バッグの製造を開始。
1920年 「エルメスファスナー」と呼ばれるジッパーを初めてバッグに用いる。 後にシャネルはこのファスナーをスカートに用い、これを契機に一般的に衣服にファスナーが使われるようになる。
1922年 エミールは兄アドルフから会社の全所有権を買い取り、商号を「エルメス」に戻す。
1923年 現在の「ボリード」ラインの前身となる「ブガッティ」を発表
1927年 エルメス初の時計を発表。
1928年 ムートンの手袋を発表。衣類、時計、宝飾品等も手がけ、トータルファッションブランドとしてフランス中に店舗を拡大。
1935年 現在の「ケリー」バッグの前身となるハンドバッグタイプ「サック・ア・ロア」を発表。
1937年 スカーフの発売開始。第1号となるスカーフは「オムニバスゲームと白い貴婦人」。
1945年 Hermes エルメス ロゴ 現在のエルメスの商標である「4輪馬車と従者」を登録。デュックと呼ばれる馬車を用いて、 「エルメスは最高の品物を用意しますが、それを御するのはお客様自身」という思いを込めている。
1947年 香水部門を創設。香水分野へ本格的に参入。
1949年 紳士バッグ「サック・ア・デペッシュ」を発表。
1951年 3代目エミール・モーリス・エルメス死去。享年80歳。娘婿のロベール・デュマ・エルメスが4代目社長に就任。
香水「オー・ドゥ・エルメス」を発表。
1956年 ハリウッド女優からモナコ王妃となったグレース・ケリーが愛用していた「サック・ア・クロア」を「ケリー」バッグと改名。 グレース・ケリーが妊娠したお腹をそのバッグで隠した写真で有名となる。
ビーチタオルを発売。
1961年 香水部門が独立し、「カレーシュ」を発表。 その後「アマゾン」、「オー・トランジュベルト」、「パルファム・ドル・エルメス」、「ヴァンキャトル・ファーブル」などが誕生する。
1967年 プレタポルテに進出。
1976年 ジョン・ロブが、その技術力を買われてパリ支店からエルメス本店に迎え入れられる。
時計「ケリー」を発表。
1978年 ロベール・デュマの息子ジャンルイ・デュマがエルメスの5代目社長に就任。
エブリン」ラインを発表。
1979年 エルメス時計社を創設し、時計「アルソー」を発表。時計分野へ本格的に参入。
1983年 西武百貨店と合弁でエルメス・ジャポンを設立。
1984年 フランスの女優ジェーン・バーキンの為に作られたバッグ「バーキン」を発表。
テーブルウェア分野に進出。
1987年 カーボンファイバー製アタッシュケース「エスパス」発売。
エルメス創立150周年となるこの年、年間テーマを「花火」とし、これ以降毎年、年間テーマを設定するようになる。
1988年 ヴェロニク・ニシャニアンがエルメスの紳士服部門のデザイナー兼ディレクターに就任。
1997年 メンズ・シューズの分野に進出。
レディースのプレタポルテ部門を統括していたクロード・ブルエが引退。マルタン・マルジェラを主任デザイナーに起用。
1998年 フールトゥ」・「エールバック」ラインのバッグを発表。
2001年 エルメスジャポン本社社屋で旗艦店となる「メゾン エルメス」が銀座にオープン。
2004年 マルタン・マルジェラに変わり、ジャン・ポール・ゴルチエがレディース・プレタポルテのデザイナーに就任。
2008年 2008-2009 A/W でヨウジヤマモトとコラボレートしたショルダーバッグ「ヨウジヤマモト」を発表。

170年を超える伝統を誇る、押しも押されぬ超一流プランド「エルメス」。 高い品質と、それを支える職人の高度な技術と製品への自信が、ブランドの中のブランドと呼ばれる所以です。

INFORMATION
人気商品
ブランドINDEX
CONTENTS
このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。